上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「先生次は?何されたいの?」


なんだか先生のリクエストを聞くのが楽しくなってきました。



「・・・・・・・か」


「か?何?」


先生は妙に恥ずかしそうです。


「・・・・・・・顔に・・・・・顔の上に乗っかられたいです・・・・・・」


「顔の上に?何を?何を乗っければよろしいの?」


「・・・お・・・おしりを・・・・」


先生はどうやら私のお尻で顔面を圧迫されたいようです。
お尻なんか乗っけたら窒息してしまうのに。

ゆっくりと立ち上がり、先生の顔の両脇に跨り仁王立ちになります。
先生の視線は私のスカートの中に釘付けです。
しばらくその様子を観察致します。
先生の男性器の先端からはいやらしい先走り汁が溢れ出ています。



先生の顔めがけゆっくりとかがみます。
顔に触れるか触れないか寸前のところでピタッと動きを止め


「先生、何が見えるの?」


「・・・っぱ ぱんつが・・・見えまふっ!!!?」


先生の返事をすべて待たず私はそのまま座り込みました。
ぴったりと密着し、鼻と口を塞ぎます。


そのまま股間に手を伸ばし、陰茎を上下に擦ります。


「んんんんん~~~!!んんんーーーー!!」


どんどんかたくなっていく、先生のアレ。
指先でカリの部分をひっかけるようにしごきます。
男性はここが気持ちいいってどうやら本当のようですね。


すこしだけ腰を上げ解放してあげると
ぜえぜえと息を荒げていらっしゃる。
でも手は止めません。


「あっ あっ ・・・・出ちゃいそうですっ!!」


「先生確かラグビー部の顧問でしたよね。
こんなことで根をあげてよろしいのでしょうか。」


「ひいいっ・・・・ごめんなさいいっ」



私は更にスピードを上げしごき続けます。
先生、必死に我慢している。
でもこれではどうかしら?


掌で思いきり亀頭を擦りあげます。



「あひいィぃぃぃl!!!!」



すると・・・あら。
細かな痙攣と共に大量の精子が飛び出してきました。
ぐったりと横たわる先生。
私は立ち上がり見降ろしこう言いました。



「先生、亀頭を擦られてイってしまうなんてとてもはしたないですよ。
しかも生徒にこんなことされて興奮するなんて相当に変態ですね。
確か先生って来年結婚する恋人がいらっしゃいますよね。
こんなところに来てこんな変態なことされて
もしこのことが知れてしまったら、彼女どう思うかしら。
え。まさか言いませんよ?
先生が今後私の言うことを聞くというならば。」




元はと言えば、私のあとを尾行した先生がいけないのですよ。
明日からの授業が楽しみですね、先生♪




おわり。
関連記事

PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。