上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
つづき


スルスルと解かれてゆく縄に何とも言えない解放感を感じる。
ただ呼吸することがこんなにも気持ちいいなんて・・・


未だかつてない快感を感じながらもはやなすがままとなった僕の体を
強引に立たせたかと思うと、いきなり目隠しをされた!



「すこしだけおとなしくしていてくださいね。」



そう言うと彼女は僕を椅子のようなものに座らせ手足を固定し始めた。
一体これから何をされるんだろう・・・
緊張と興奮で胸が高鳴る。


つ、次は…
ゆっくりと支配され頭がおかしくなりそうだ。体が次に起こることを期待している。
しかし気がつけば彼女の気配がない。
時間の感覚はないが、数分のようにも数十分のようにも感じる。
まさか…このまま放置されるのか・・・!

また恐怖と屈辱感が襲ってくる。
繋がれ上げられたままの腕が痛い・・・
もしかして、本当にこの情けない姿を写真に収められさらされるかもしれない・・・
もしこのまま閉じ込められたまま出られなくなったらどうしよう・・・



汗が頬を伝い、涙が出そうになる。









「お待たせしちゃったかしら、先生」




目の前が明るくなったと思ったら、さっきまで制服姿だった彼女が
真っ黒なエナメル素材のボンテージ姿でこっちを見下ろしていた。


黒光りするボンテージからもはや目が離せなかった。


100927_1736+010001_convert_20101008011737.jpg



先生が食い入るように見ていらっしゃいます。
気に入っていただけたかしら?この衣装。


さて・・・
次は私お気に入りの椅子で遊んでみましょう。


手足と腰胴体を固定するベルトが備え付けられた特製の椅子ですわ。


椅子の脇にあるハンドルを回すと徐々に傾き、倒れてしまいます。
倒れても尚、身動きの取れぬ先生。
しかもおとなしくなっちゃって、怯えた子犬のような目をしちゃって。
もはや抵抗する力も尽きてしまったのかしら。


まったく抵抗されないのも癪に障るので、先生の脇に指を差し込み力を入れてくすぐります。


「ひゃあっ!あはははは!」


あらあら、途端に元気になっちゃって♪
次に私は、腰や腿の付け根までしっかりと固定された身動きの取れない下半身に手を伸ばし太ももの内側を指先で優しく触ります。


ねっとりじっくりと膝上から股間の付近まで丹念に触って差し上げます。
陰嚢を爪でカリカリと触ると
先生の陰茎ははち切れんばかりに膨らみ先端からはいやらしい先走り汁が次から次へと溢れてきます。



椅子の上に跨がり、そのまま顔面へ座り込みます。
息苦しいのか、もがく先生は思わず笑ってしまうほど可愛らしい。
だって普段真面目に授業をしている先生と重ね合わせるとみっともなくてしょうがないんですもの。
あのいつもクールな先生はどこに行ってしまったのかしら?
まさかこんな風に生徒に顔面騎乗されるとは夢にも思わなかったでしょう。


そのままの状態で後ろ手に陰茎を握り締め、上下に動かして差し上げます。


「むごっ…むごおォォ!」


100927_1735+010001_convert_20101008011644.jpg


顔面を圧迫しているのだから喋ることもままなりませんね。
ああ、でも先生のお顔ったら!
もう今にも果ててしまいそうな表情。

口を少しだけ解放してあげると、
涙目で訴えてきます。


「もうダメです…!もう出そうです!」


あはははは!
思わず笑ってしまいました。
でもだめです。もうすこしだけ楽しませていただきましょう。
股がったまま、手を止め今度は亀頭を思いきり擦り付けます。



「あああああああっ」



あら、くすぐったいのかしら?痛いのかしら?それとも気持ちが良いのかしら?
私、陰茎など持ち合わせていないので、その辺の気持ちがわからなくて。
申し訳ないわ。



先ほどからだらしなくヒクついている肛門に指をゆっくりと差し込み、指の腹で押し上げてみます。
右手で陰茎を激しくピストンしながら同時に責めて差し上げます。
容赦なく押し迫る快楽に身もだえる先生・・・
その様子を見て私も気持ちが高ぶり気がつくと夢中で手を動かしていました。


あっ・・・と短い悲鳴をあげたかと思うと、その瞬間ものすごい勢いで大量の精液を吹き出しました。



激しい息遣いだけが静まり返った部屋に響きます。




(・・・長くなったので、つづく!!)
関連記事

PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。